ケータイゴリラとは



今日、私たちをとりまく世界には多くの環境問題が生じています。その多くは無秩序な開発や、成長を第一に優先する現在の経済の在り方が原因と考えられています。また、近年の急速な経済のグローバル化に伴って環境問題はますます複雑化し、深刻化しています。知らず知らずのうちに、環境破壊の加担者になってしまっているという事も決して稀ではなくなってきました。

ケータイゴリラで取り上げている問題も、私たちの暮らしと密接に関わる問題です。今や子どもから大人まで多くの人が携帯電話を持ち、1人で2台の携帯電話を所有している事も珍しくない時代となりました。ますます身近になった私たちの携帯電話ですが、一方で、携帯電話内部に使用されてきたレアメタルには コンゴ民主共和国の人々やゴリラ達を傷つけてきた経緯があります。現に、マウンテンゴリラの生息数は800頭まで減少してしまいました。

ケータイゴリラは2008年より様々な形でこの問題の改善に取り組んでいます。その一つに、身近な携帯電話を通したアクションがあります。「使わなくなった携帯電話をリサイクル・リユースして、生き残っているゴリラを守るための資金に変えよう」 このアクションを通して12800台の使われなくなった携帯電話を回収すると共に、数々のイベントに出展し問題の認知度の向上に努めてきました。

ケータイゴリラは今後も携帯電話とゴリラの間の関係性を通して、
世界の環境問題を構造的に活動し、捉えていきます。

運営団体

ケータイゴリラは企業とNPOのパートナーシップによるプロジェクトです。
A SEED JAPAN、FLAT SPACEが企画・制作し、白井グループ、株式会社三光金属、エコケー株式会社の協力のもとに運営しております。

A SEED JAPAN

国際青年環境NGO A SEED JAPANは、地球サミット(1992年)に青年の声を届けよう!という想いで始まった国際環境NGOです。私達は現在の環境問題を「国際的」な社会問題だと考えています。問題は複雑ですが、それを「青年」としてわかりやすく社会に伝え、「環境」問題を取り巻く様々なテーマで活動しています。サミットから地域社会・野外イベントまで今までもこれからもA SEED JAPANは持続可能な未来を目指し活動し続けています。
http://www.aseed.org/

FLAT SPACE

FLAT SPACEとは、社会にある様々な不公正や格差が「フラット」にあり、より参加型社会の実現を目指す中間支援NPOです。世の中がフラットで参加型な社会になることで、社会の様々なレベルの問題が解決しやすい状態になります。市民が先頭に立ち、目の前の問題や未来の問題を解決し、より対等で公正な社会を創造します。ケータイゴリラでは、企画制作、計画づくりなど全体のコーディネイトを担っています。

問い合わせ先:info☆flatspace.jp
お手数ですが、☆を@に変えて送信してください。

白井グループ

東京を拠点に1933年から廃棄物の仕事をしています。不要携帯電話を金属資源として買取り、適正に資源循環させることでケータイゴリラを陰から支えています。
http://www.shirai-g.co.jp/

三光金属

1973年から続く廃棄物処理と金属リサイクルの専門会社です。シルバー雇用や障害者への業務提供等の社会貢献を会社の理念としており、ケータイゴリラの活動に加わっています。
http://www.jo-zu.jp/

エコケー株式会社

エコケー株式会社はリユース携帯電話の買取、販売サービス、リユース携帯ビジネスに関するトータルサポートを行っております。リユースを社会に促進することで、環境改善に貢献することを理念とし、ケータイゴリラの活動に携わっております。

http://ecok.co.jp//

ページの上へ移動